聖徳太子1400年御聖諱法要と関連事業

聖徳太子1400年御聖諱法要
令和3年4月3日(土)~4月5日(月) 於、西院伽藍

【日程】

◆蜂起の儀
令和3年4月2日(金)夕刻(非公開)
僧兵の衣装を纏い、松明の明かりに先導されて境内を巡行し、各所で法螺貝を吹いて明日からの法要の加護を願う。

◆法華・勝鬘講(開白)
4月3日(土)13:30
聖徳太子関係寺院の協賛にて厳修
舞楽 南都楽所
午後0時半頃、本尊となる聖徳太子像(七歳像)と南無仏舎利を奉安する御輿の行列が東院伽藍から進発し、南都楽所の道楽とともに西院伽藍へと向かう。
午後1時半頃、西院伽藍内会場にて南都楽所の舞楽の奉納と、唄・散華・梵音・錫杖・表白・神分・慶讃文・経釈・読経などを厳修。

◆法華・維摩講(中日)
4月4日(日)13:30
南都隣山にて厳修
舞楽 南都楽所
午後1時頃、西園院唐門より南都楽所の道楽により僧衆の行列が進発。
午後1時半頃、西院伽藍内会場にて南都楽所の舞楽の奉納と、南都隣山による唄・散華・梵音・錫杖・表白・神分・慶讃文・経釈・読経などを厳修。

◆管絃講(結願)
4月5日(月)13:30
当山にて厳修
舞楽 南都楽所
午後0時半頃、東院伽藍から西院伽藍の大講堂へ南都楽所の道楽により僧衆の行列が進発。
午後1時半頃、西院伽藍内会場にて南都楽所の舞楽の奉納と、唄・散華・聖徳太子讃嘆式・伽陀・慶讃文・太子和讃などを管絃楽の調べとともに厳修。
法要終了後、本尊の聖徳太子像(七歳像)と南無仏舎利の御輿の行列が、東院伽藍へ向けて進発。

【記念事業他】

○西院伽藍上御堂および東院伽藍絵殿特別開扉
4月1日(木)から9月30日(木) (午後4時30分まで)

○夢殿本尊救世観音像特別開扉
4月1日(木)~5月18日(火) (*例年は4月11日から)

○聖徳太子1400年御聖諱記念特別展示(於、大宝蔵殿)
4月1日(木)~6月30日(水) 午前9時00分~午後4時30分(入場は午後4時まで)
拝観料 大人 500円 / 子供(小学生)250円

○聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」
(公式サイトリンク先https://tsumugu.yomiuri.co.jp/horyuji2021/
奈良国立博物館…令和3年4月27日~6月20日
東京国立博物館…令和3年7月13日~9月5日

※主な出陳宝物

薬師如来像(国宝 金堂)、四天王像 広目天および多聞天(国宝 金堂)、塔本塑像 菩薩像・侍者像・羅漢像(国宝 五重塔)、
聖徳太子および侍者像(国宝 聖霊院)、行信僧都坐像(国宝 夢殿)、六観音(重文 大宝蔵院)他

奈良国立博物館のみ

夢違観音(国宝 大宝蔵院 )、玉虫厨子(国宝 大宝蔵院)他

東京国立博物館のみ

伝橘夫人念持仏厨子および阿弥陀三尊像(国宝 大宝蔵院)他

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。